SwiftKey キーボードの使い方

SwiftKey キーボードの使い方ガイド:

  1. SwiftKey でタイピング
  2. キーボードのレイアウト/サイズ
  3. キーボードのデザイン

 

1 - SwiftKey でタイピング

SwiftKey Keyboard とは?

SwiftKey Keyboard は、ユーザーの言葉やフレーズを予測し、素早く簡単に入力できるように作られたキーボードです。

  • 入力ミスの訂正
  • 次の言葉やフレーズの予測の表示
  • ユーザーの言葉やフレーズの学習
  • 絵文字や顔文字の予測変換

 

下記では、英語のキーボードでキーボードの使用例の説明をしています。

メインのキーボード:

キーの長押しで記号の表示ができます。

    

数字のキーボード ('123' キーをタップする):

 

その他の記号のキーボード ('{&=' キーをタップする):

絵文字ページ (絵文字ボタンを長押し):

 

SwiftKey Flow の使い方

SwiftKey Flow は、現在英語のキーボードのみに対応しています。

  • Flow の設定をオンにしてください。
  • Flow を使うときは、キーボードから指を離さずに、タイプしたいキーを順に指でなぞると、その単語が自動確定されます。
  • 例えば「swiftkey」と打ちたいときに、英語のキーボード上でキーを "s" => "w" => "i" => "f" => "t" => "k" => "e" => "y" という感じで、キーボードから指を離さずにキーの上を順番に動かしていきます。

 

 

SwiftKey ジェスチャーの使い方

  • ジェスチャーは、Flowの設定がオフの時のみ使用可能です。
  • SwiftKey ジェスチャーには、下記の3種類があります。
    1. 「キーボードを右から左にスワイプ」すると、「前に入力した言葉を消す」
    2. 「キーボードを上から下へスワイプ」すると、「キーボード画面が閉じる」
    3. 「キーボードを下から上にスワイプ」すると、「英語入力時に、入力中の単語を大文字や小文字に変更できる」
  • ジェスチャーは、スワイプする距離ではなく「早さ」で作動します。ジェスチャー機能がうまく使えない方は、もう少し素早くスワイプするように試みてください。

 

言葉やフレーズの登録/削除方法

SwiftKey は、ユーザーがタイピングした言葉やフレーズをユーザー辞書に自動で登録します。その言葉を次使うときに、予測変換にでる表示されるようになります。

言葉やフレーズを削除したい場合は、予測変換に出てきた言葉を「長押し」すると、削除することができます。削除した言葉は、削除後に予測変換に表示されることはありませんが、再度使用したりパーソナライゼーションをすると、予測変換にまた表示されるようになります。

(現在、日本語のキーボードでは、言葉やフレーズを削除する機能はありません)。

 

 

複数言語の使い方

SwiftKey では、最大5つの言語をダウンロードできます。

スペースキーを左右にスワイプして、キーボードを他の言語に変換できます。

 

 

2 - キーボードのレイアウト/サイズ

キーボードのレイアウト変更とドッキング解除方法

SwiftKey には、3種類のレイアウトがあります。

  • 標準
  • 分割
  • 小型

 

 

 

ドッキング解除方法

 

 

サイズ変更

 

 

SwiftKey の設定ページからもサイズ変更可能です。

 

3 - キーボードのデザイン

SwiftKey ストア

SwiftKey ストアでは、様々なデザインを揃えており、全て無料で利用できます。

 

 

 

 

デザインの変更方法

SwiftKey Hub をタップして, テーマのタブをクリックしてください。左右にスライドして他のデザインを選ぶことができます。

 



クーポンコードで新しいデザインを取得できます 'LEVELUP1'. クーポンコードの使い方 here

 

 

Was this article helpful?
1 out of 4 found this helpful
Free xml sitemap generator
Powered by Zendesk