ツールバー
    現在地(ロケーション)をシェアする方法

     

    You can now send locations to anyone without leaving the keyboard.

    SwiftKey キーボードから、自分の現在地(ロケーション)の住所をシェアすることができます。

     

    1. ツールバーをタップ
    2. ロケーションのアイコンをタップ
    3. 現在や近くの住所が出てきます
    4. シェアしたい住所をタップする

     

    SwiftKey のロケーション機能が使用できる国は、現在、以下のリストの国のみです。

    The US, India, Russia, Indonesia, Germany, Italy, Spain, Mexico, France, Turkey, United Kingdom, Poland, Brazil, South Africa, Malaysia, Austria, Netherlands, Canada, Argentina, Australia, Belgium, Japan, South Korea, Taiwan, Switzerland and Hong Kong. 

     

     

     

    もっと詳しく読む
    コレクションの使い方

     

    SwiftKey の「コレクション」とは、自分の携帯の写真ギャラリーから作成したスタンプが保存されるページです。


     

     

     

    コレクションの使用方法

    1. ツールバーを開く(左上の「+」をタップする)
    2. 「ピン」のアイコンをタップする

    toolbar-collections.png

     

     

    自分の携帯の写真ギャラリーから作成したスタンプは、自動でコレクションページに保存されます。

    または、保存するピンのアイコンで保存することができます。

    pin-default.png

     

    コレクションからスタンプを削除する方法

    1. 削除したいスタンプを長押し
    2. 「削除」をタップ

    pin-delete.png

    もっと詳しく読む
    トランスレーターの使い方
    1. SwiftKey トランスレーターとは何ですか?
    2. いくつの言語がサポートされていますか?
    3. トランスレーターの使い方
    4. オフラインでの使い方
    5. FAQ

     

     

    1 -SwiftKey トランスレーターとは何ですか?

    Microsoft のトランスレーター機能が、SwiftKey のツールバー上で使えるようになりました。

    SwiftKey トランスレーターは、SwiftKey 7.1.4 以降のバージョンで使用可能です。

     

     

     

    2 - いくつの言語がサポートされていますか?

    60言語以上をサポートしています。言語のリストは、下の FAQ をご覧ください。

     

    3 -トランスレーターの使い方

     

    下記は、英語とドイツを使用した例です。

    SwiftKey のトランスレーションは、自分の使用している言語から別の言語に変換する機能と、受け取ったメッセージを自分の言語に変換できるという、両方の機能が利用できます。

     

    1. 相手から受け取ったメッセージをコピーする



    2. SwiftKey トランスレーターが、コピーした言語を自動で読み込み(スクリーン内の左側の言語「German=ドイツ語」)、選んだ言語に変換します(スクリーン内の右側の言語「English=英語」)

    3. 「x」または「返信」をタップしてフィールドを空にします

    4. 自分で返信文を書く場合は、ツールバーのトランスレーターのフィールドに返信文を書くと(下記の例では、英語で書いています)、自動で翻訳してくれます(下記の例では、ドイツ語に訳された文章が、メッセージフィールドに自動で出ます)

     

     

    トランスレータに使用したい言語を選ぶ方法。

    SwiftKey トランスレーターは、自動で言語を識別できますが、自分で選ぶことも可能です。言語をタップすると、利用可能な言語リストが表示されます。

     

     

    言語リストから、使いたい言語を選択してください。

     

     

    4 -オフラインでの、トランスレーションの使い方

    SwiftKey トランスレーターは、オフラインでも使用可能です。オフラインで使用するためには、Microsoft Translator アプリをインストールする必要があります。

    1. Google プレイストア から、Microsoft Translator アプリをインストールする
    2. Microsoft Translator アプリを開く
    3. 右上の設定(3つのドット)をタップする



    4. メニューから、‘Offline Languages’ を選択する



    5. 言語リストから、オフラインで使用したい言語を選択してください。ダウンロードの時に、ファイルのサイズが大きい可能性があるので、WiFiに繋げている時にダウンロードすることをお勧めいたします。

       

     

    5 -FAQ

    • トランスレーターのアイコンが見つかりません
       
      トランスレーターは、 SwiftKey 7.1.4 以降のバージョンでサポートしています。SwiftKey の新機能をお使いいただくために、常に最新バージョンを使いいただくことをお勧めいたします。 

    • トランスレーターをサポートしている言語のリスト

      Translator supports the following languages:  Afrikaans, Arabic, Bangla, Bosnian (Latin), Bulgarian, Cantonese (Traditional), Catalan, Chinese (Simplified), Chinese (Traditional), Croatian, Czech, Danish, Dutch, English, Estonian, Fijian, Filipino, Finnish, French, German, Greek, Haitian Creole, Hebrew, Hindi, Hmong Daw, Hungarian, Indonesian, Italian, Japanese, Kiswahili, Korean, Latvian, Lithuanian, Malagasy, Malay, Maltese, Norwegian, Persian, Polish, Portuguese, Quer'etaro Otomi, Romanian, Russian, Serbian (Cyrillic), Serbian (Latin), Slovak, Slovenian, Spanish, Swedish, Tahitian, Thai, Turkish, Ukrainian, Urdu, Vietnamese, Welsh, and Yucatec Maya. 

    • トランスレーターは、SwiftKey iOS で使えますか? 

      現在はサポートしておりません。

     

     

     

     

    もっと詳しく読む
    カレンダーシェアの使い方

     

    カレンダーシェアの使用方法 

    1. カレンダーにアクセスする方法
    2. カレンダーシェア機能の使用方法

     

     

    SwiftKey のカレンダーシェア機能を使用すると、カレンダーの詳細をシェアすることができます。

    カレンダーシェア機能から、カレンダーに新しい予定を作成することはできません。すでにカレンダーに保存されている予定をシェアする機能です。

    カレーんだー機能は、SwiftKey 7.0.1 以降のバージョンで利用可能です。

     

     


    1 - カレンダーにアクセスする方法

     

    1. ツールバーを開く (予測変換の左にある「+」のマークをタップ)
    2. 「カレンダー」のアイコンをタップ

     


    2 - カレンダーシェア機能の使用方法

    カレンダーは通常、一週間表記されています。

    上下にスクロールすると、時間ごとの予定を見ることができ、左右にスクロールすると日付が前後(昨日・明日)に変わります。

     

    カレンダー上に表記されている「月」をたっぷすると、カレンダーが月表記になります。上下にスクロールすると、別の月のカレンダーを見ることができます。

    calendar-month-view.jpg

     

     

     右上にあるフィルターアイコンで、見たいカレンダーを選ぶことができます。

    calendar-filter.jpg

     

     

    SwiftKey では、各予定を、自動で違う色で表示しています。

    シェアしたい予定時間をタップし選択します。

    右下の青いチェックボタンでメッセージとして表示されます。

    swiftkey-calendar-paste.jpg

     

     

    もっと詳しく読む
    シークレットモードの使い方

     

    SwiftKey キーボードのシークレットモードとは、シークレットモードを使用している間、キーボードはタイピングしている言葉やフレーズを学習しない機能です。

     

    シークレットモードを使用する方法

    1. ツールバーを開く(左上の「x」ボタンをタップ)
    2. ツールバー上の「設定」ボタンをタップ

      swiftkey-settings-cog.jpg

    3. 「シークレットモード」の設定をオンにする
    4. シークレットモードにすると、テーマがしたのようなテーマに自動で変更されます

      incognito-mode.jpg incognito-mode-new.jpg

    5. シークレットモードをオフにする場合は、上記同様、シークレットモードの設定を再度タップして、オフにしてください

      incognito-mode-enabled.jpg

     

     

    シークレットモード中は、デザインを変更しても、キーボードのデザインは変わりません。好きなデザインを使用するには、シークレットモードの設定をオフにしてください。

     

    自動シークレットモードとは、特定のアプリやタイピングフィールド(例:インターネットブラウザ、シークレットチャットアプリ等)で自動でシークレットモードに切り替わる機能です。SwiftKey 7.2.2 バージョン以降に自動シークレットモード機能が追加されています。

     

     

     

    もっと詳しく読む
    矢印キーの設定方法

    矢印キーの設定方法は、下記をご覧ください。

    1. SwiftKey の設定画面を開く 
    2. 「文字入力」を選ぶ
    3. 「キー」をタップ
    4. 「矢印キー」をオンにする

     

     

     

    矢印キーをオンにすると、矢印キーが、キーボードの一番下に配置されます(下のスクリーンショット参照)。

     

     

    キーボードの「分割」レイアウトをお使いの方は、矢印キーがキーボードの真ん中に配置されます(下のスクリーンショット参照)。

     

    タブレット:

    タブレットをお使いの方は、「extended layout」の設定をオンにすると、右と左の矢印キーが設置されます。 また、「123」のキーを押して数字のレイアウト画面にいくと、4つの矢印キーがあります。

     

     

    もっと詳しく読む
    キーボードレイアウトの変更の仕方

    キーボードレイアウトの変更の仕方

    1. SwiftKey Hub をタップ
    2. 「レイアウト」をタップ
    3. 「標準」、「分割」、または「小型」を選ぶ

     

    Settings-Layout.png Layout-Layout.jpg

     

    タブレットをお使いの方は、下記をご覧ください。

    1. SwiftKey Hub をタップ
    2. 「キー」をタップ
    3. 「Extended layout」 をオンにする

    もっと詳しく読む
    キーボードのドッキング解除の方法

    キーボードのドッキング解除の方法は、下記をご覧ください。

    1. SwiftKey Hub」をタップする
    2. 「ドッキング解除」を選択
    3. キーボードの下の丸い部分(スクリーンショット右の赤丸の部分)を動かして、キーボードの移動ができます。

     

       

     

    もっと詳しく読む
    キーボードのサイズ変更

    キーボードのサイズ変更:

    1. SwiftKey Hub(予測変換の左側にある3本線)をタップ
    2. 「サイズ変更」をタップ
    3. サイズを選ぶ

     

     

     

    もっと詳しく読む