SwiftKey キーボードの使い方
  • SwiftKey キーボードの使い方

     

     

    SwiftKey キーボードの使い方ガイド:

    1. SwiftKey でタイピング
    2. キーボードのレイアウト/サイズ
    3. キーボードのデザイン

    1 - SwiftKey でタイピング

    SwiftKey Keyboard とは?

    SwiftKey Keyboard は、ユーザーの言葉やフレーズを予測し、素早く簡単に入力できるように作られたキーボードです。

    • 入力ミスの訂正
    • 次の言葉やフレーズの予測の表示
    • ユーザーの言葉やフレーズの学習
    • 絵文字や顔文字の予測変換

     

    下記では、英語のキーボードでキーボードの使用例の説明をしています。

     

    メインのキーボード:

    キーの長押しで記号の表示ができます。

        

    数字のキーボード ('123' キーをタップする):

     

    その他の記号のキーボード ('{&=' キーをタップする):

    絵文字ページ (絵文字ボタンを長押し):

     

    SwiftKey Flow の使い方

    SwiftKey Flow は、現在英語のキーボードのみに対応しています。

    • Flow の設定をオンにしてください。
    • Flow を使うときは、キーボードから指を離さずに、タイプしたいキーを順に指でなぞると、その単語が自動確定されます。
    • 例えば「swiftkey」と打ちたいときに、英語のキーボード上でキーを "s" => "w" => "i" => "f" => "t" => "k" => "e" => "y" という感じで、キーボードから指を離さずにキーの上を順番に動かしていきます。 

     SwiftKey ジェスチャーの使い方

    • ジェスチャーは、Flowの設定がオフの時のみ使用可能です。
    • SwiftKey ジェスチャーには、下記の3種類があります。
      1. 「キーボードを右から左にスワイプ」すると、「前に入力した言葉を消す」
      2. 「キーボードを上から下へスワイプ」すると、「キーボード画面が閉じる」
      3. 「キーボードを下から上にスワイプ」すると、「英語入力時に、入力中の単語を大文字や小文字に変更できる」
    • ジェスチャーは、スワイプする距離ではなく「早さ」で作動します。ジェスチャー機能がうまく使えない方は、もう少し素早くスワイプするように試みてください。

     

    言葉やフレーズの登録/削除方法

    SwiftKey は、ユーザーがタイピングした言葉やフレーズをユーザー辞書に自動で登録します。その言葉を次使うときに、予測変換にでる表示されるようになります。

    言葉やフレーズを削除したい場合は、予測変換に出てきた言葉を「長押し」すると、削除することができます。削除した言葉は、削除後に予測変換に表示されることはありませんが、再度使用したりパーソナライゼーションをすると、予測変換にまた表示されるようになります。

    (現在、日本語のキーボードでは、言葉やフレーズを削除する機能はありません)。

     

     

    複数言語の使い方

    SwiftKey では、最大5つの言語をダウンロードできます。

    スペースキーを左右にスワイプして、キーボードを他の言語に変換できます。

     

    2 - キーボードのレイアウト/サイズ

    キーボードのレイアウト変更とドッキング解除方法

    SwiftKey には、3種類のレイアウトがあります。

    • 標準
    • 分割
    • 小型

     

     

     

    ドッキング解除方法

     

           

     

    サイズ変更

     

     

    SwiftKey の設定ページからもサイズ変更可能です。

     

    3 - キーボードのデザイン

    SwiftKey ストア

    SwiftKey ストアでは、様々なデザインを揃えており、全て無料で利用できます。

     

     

     

    デザインの変更方法

    SwiftKey Hub をタップして, テーマのタブをクリックしてください。左右にスライドして他のデザインを選ぶことができます。

     

    クーポンコードで新しいデザインを取得できます 'LEVELUP1'. クーポンコードの使い方 here

     

     

    もっと詳しく読む
  • Swiftkey Flow の使い方
    1. How to set up Flow
    2. How to use Flow
    3. Why isn't Flow working?

    Flow allows you to write by gliding your finger across your Microsoft SwiftKey Keyboard. This is also referred to as "swiping."

    New-flow.jpg  New-Flow-Prediction.jpg

    1 - How to set up Flow

    You can disable/enable Flow on your Microsoft SwiftKey Keyboard by following the below steps:

    1. Open your SwiftKey app
    2. Tap 'Typing'
    3. Tap into 'Gesture input'
    4. Check/uncheck Flow

    typing-menu-selected.jpg typing-gesture-selected.jpg  typing-gesture-input.jpg

    Show predictions after Flow

    With Flow enabled you have the option to toggle between two different behaviors.

    By default Microsoft SwiftKey will show you a set of corrections after Flowing a word, or you can choose to display a set of next word predictions. Both options insert the appropriate spacing after. 

    typing-flow-predictions.jpg>

    When the toggle is set to 'Off':

    • Select one of three corrections. This will insert the word followed by a space.

    When the toggle is set to 'On':

    • Inserts the middle prediction, shows next word predictions and auto adds a space for you.

    2 - How to use Flow

    When you want to flow double letters (i.e. 'tt' in 'letters'), just hold your finger over the letter you want to type twice a little bit longer than normal.

    If you wish to retroactively correct a word you've just flowed, just tap the backspace key and you'll see three different word predictions in the prediction bar.

    You can switch seamlessly between flowing and tapping the keys at any time - there’s no need to switch input modes.

    Flow also allows you to Flow through space. You can glide your finger over a word, move down to the spacebar, and flow the next word, all without lifting a finger.

    3 - Why isn't Flow working?

    • If your Microsoft SwiftKey Keyboard is set to use Gestures then you won't be able to Flow. We offer you the choice between one or the other.
    • Enabling Android's Explore By Touch Accessibility feature will deactivate Flow.
    • Flowing is not available in text fields where Microsoft SwiftKey does not offer predictions, for example password fields or the “to” field of an email, or in some apps with code that clash with predictions.

    If you continue to have problems or your issue isn't listed, please submit a support ticket.

    もっと詳しく読む
  • キーを長押しして入力する方法

     

     

    スペースキーの右側にある句読点(。)キー押すと、一般的な句読点などにアクセスできます。キーを長押しする必要はありません。左右にスライドするだけです。
     
    1. 句点(。)をタップすると、句点を挿入
    2. 右にスライドすると、疑問符(?)を挿入
    3. 左にスライドすると、感嘆符(!)、または読点(、)を挿入
     
     

    もっと詳しく読む